ニュース カテゴリーメニュー

,

2022/09/23

最安値で

  • チョン・ホン 1963年、東京・新宿生まれ。韓国・延世大学校医学部卒。上野にアジアン美容クリニックを開業。帝京大学形成外科、美容外科非常勤講師、アンチエイジング手術を得意とする

  • 世界的に話題の「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」

,

◆「自閉症スペクトラム症」の新米弁護士を描く 鄭 憲さん(アジアン美容クリニック院長)◆

 自閉症スペクトラム症の新米弁護士を主人公にした韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」が、動画配信サービスのネットフリックスで配信され、世界的に人気を博している。社会問題を反映した訴訟を痛快に解決していく姿が描かれている。鄭憲・アジアン美容クリニック院長にドラマ評を寄せてもらった。

 今やエンターテインメントの世界では、一つのジャンルとして確立した韓流コンテンツ。動画配信サービスの拡大に伴い、ドラマ分野でも世界的な評価を受ける作品も登場してきた。記憶に新しいところでは、大ブームを巻き起こした「イカゲーム」は、今年度米国エミー賞6部門での受賞が伝えられたが、そもそも非英語圏のドラマがノミネートされること自体が初である。

 社会現象まで起こした「イカゲーム」のような爆発的なインパクトはないが、この夏に配信され、韓国はもちろん、世界各国で話題のドラマがある。天才的な記憶力と思考力を持つ自閉症スペクトラム症の新米弁護士の成長を描いたヒューマンコメディー「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」だ。

 「自閉症」という言葉はよく耳にしても、「自閉症スペクトラム症」は聞きなれない表現だろう。〝スペクトラム〟とは分光器で光を波長ごとに分解し並べたものを指すが、この場合、色の濃淡がグラデーションで変化していく帯をイメージして欲しい。精神医学で定義する「自閉症スペクトラム症」も症状の軽いものから重い(明確な)ものまで、一連の流れを集合体として捉えた意味として、そこに属する病名である。この枠組みで、さらに個々の患者によって症状の程度、パターン、知的レベルや言語能力などの特徴が異なることを考慮し細かく分類、診断する。


つづきは本紙へ

,
,

最安値で

最安値で

最安値で

最安値で

  • 5.00

    圧倒的なアランドロンの青年の存在感。

    土下信人

    なんと言っても、アランドロン/トムリプリー。青年の複雑な表情が 淡々と映し出される。市場を歩きながら 見るシーンがなんとも言えない。貧しい 卑しい時の表情。 振り返る時のなんとも言えない寂しさ。何かをたくらみ、そして そのたくらみが成功した時の表情。サインを模写する時の必死さ。成り済ましながら、なりすまない。マルジェが好きなんだけど、マルジェをちゃんと自分に引きつけようとする。強引さはなく、誘導する技術。確かにアタマがいい。モーリスロネ/フィリップのいかにも金持ちであると言う自信がにじみ出てアランドロンとは違った魅力を醸し出す。全てを手に入れた とおもい海辺で 太陽がいっぱいさ と喜んでいる笑顔がそのトリックが いとも簡単に崩れさるが、最後まで おいかけず、アランドロンの笑顔で終る。巧みな 編集力。フランス映画のすごさを感じさせる。

  • 5.00

    画質の良いDVDを探していました

    fu-mi

    スペシャル・エディションなので迷わず購入しました。過去に発売された他社メーカーと比較はしていませんが、画質や色合いは個人的に良いと思います。

  • 5.00

    最高にスマートでシンプル

    CHIGE

    何の予備知識もなく第一話を視聴したら驚いた。かつての「キルミーベイベー」を思わせるメインキャスト二人だけの会話劇でストーリーが進行しますがしっかり間が持っており、24分間があっという間に過ぎてしまう。ビジュアルも世界観も独創的で奥行きがある。現在7話まで放送済みだけど6話の飛行機を作る女性のお話は何やら暗示めいたものを感じた。階層になっている世界の構造とかポンコツのケッテンクラートを駆って食糧を求めあてどない旅を続けることを強いられる二人とかが現代の日本社会の構図をそのまんま戯画化しているようで興味深い。見せかたが上手く引き込まれる。

  • 5.00

    すばらしい作品

    ぽる

    設定も実はこだわりのある作りになってます.原作も読んでほしい作品です

  • 5.00

    アランドロンの映画では、NO.1

    西浜 嘉教

    若いころのアランドロンは、いいですね。題名が、また良い。久しぶりに見て、また感動しました。

  • 4.00

    深く考えてはいけない

    ガミ怠惰

    ぶっちゃけ設定とかあまり考えてなさそうなアニメです。戦争の事はもちろん、なぜ魚を初めて見たのに食べる場所は分かるのか。食料と水分はちゃんと取れてるのか等などまあ、なんにも考えず観てる分には良いかな

  • 4.00

    アラン・ドロンといえば

    怪獣おやじ

    アラン・ドロンと言えば、70年代の大人気スター。かつてテレビの洋画劇場でオンエアされていたドロン作品の吹き替えほとんどが、野沢那智氏。代表作 太陽がいっぱいも野沢氏の吹き替えのが懐かしいですね。

  • 5.00

    自分の青春を蘇られます。

    さんま

    10代の頃 TVか映画を見てアラン・ドロンのファンになりました。とても良い映画です。

  • 5.00

    しんみりと見れる。

    マツケンサンバ

    面白かったです。

  • 5.00

    人類の終わり方の一つの形

    applejobsjp

    いろんな終末表現作品を観てきましたが(一番最初が「渚にて」)、この作品には悲哀が余り表現されていません。淡々とした廃墟の旅が描かれているだけで、嘆き悲しむ人も、そんな場面もありませんでした。しかし、だからこそ、「人類、終わったのか・・・」という悲哀がひしひしと感じられました。この悲哀感、ハンパなしでした。今まで観たどの作品よりも、悲しみが感じられました。「人類は衰退しました」では、こびとさんたちが次世代の地球を担うという設定で、「じゃ、安心か。人類じゃないけど」という安堵感があり、余り悲哀は感じませんでした(「最後の学校」の文言は除く)。この少女終末旅行は、悲しすぎて、正視するのが困難でした。

最安値で

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

最安値で


バックナンバー

<韓国文化>

  1. ホーム