ニュース カテゴリーメニュー

,

2022/09/23

お得セット

  • チョン・ホン 1963年、東京・新宿生まれ。韓国・延世大学校医学部卒。上野にアジアン美容クリニックを開業。帝京大学形成外科、美容外科非常勤講師、アンチエイジング手術を得意とする

  • 世界的に話題の「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」

,

◆「自閉症スペクトラム症」の新米弁護士を描く 鄭 憲さん(アジアン美容クリニック院長)◆

 自閉症スペクトラム症の新米弁護士を主人公にした韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」が、動画配信サービスのネットフリックスで配信され、世界的に人気を博している。社会問題を反映した訴訟を痛快に解決していく姿が描かれている。鄭憲・アジアン美容クリニック院長にドラマ評を寄せてもらった。

 今やエンターテインメントの世界では、一つのジャンルとして確立した韓流コンテンツ。動画配信サービスの拡大に伴い、ドラマ分野でも世界的な評価を受ける作品も登場してきた。記憶に新しいところでは、大ブームを巻き起こした「イカゲーム」は、今年度米国エミー賞6部門での受賞が伝えられたが、そもそも非英語圏のドラマがノミネートされること自体が初である。

 社会現象まで起こした「イカゲーム」のような爆発的なインパクトはないが、この夏に配信され、韓国はもちろん、世界各国で話題のドラマがある。天才的な記憶力と思考力を持つ自閉症スペクトラム症の新米弁護士の成長を描いたヒューマンコメディー「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」だ。

 「自閉症」という言葉はよく耳にしても、「自閉症スペクトラム症」は聞きなれない表現だろう。〝スペクトラム〟とは分光器で光を波長ごとに分解し並べたものを指すが、この場合、色の濃淡がグラデーションで変化していく帯をイメージして欲しい。精神医学で定義する「自閉症スペクトラム症」も症状の軽いものから重い(明確な)ものまで、一連の流れを集合体として捉えた意味として、そこに属する病名である。この枠組みで、さらに個々の患者によって症状の程度、パターン、知的レベルや言語能力などの特徴が異なることを考慮し細かく分類、診断する。


つづきは本紙へ

,
,

お得セット

お得セット

お得セット

お得セット

  • 5.00

    VIVA!野村萬斎サマ!

    Amazon カスタマー

    原作者の夢枕獏氏が実写版にするにあたり、絶対譲れない条件として「清明役は、野村萬斎氏以外ありえない」と言わしめただけの作品。当時も映画館で観ましたが、まさに原作者一押しの役者さんですね。狂言師でもある野村萬斎さんの、姿勢の美しい事!!負けず劣らずの真田広之氏の芯の太い演技。後半の二人の対決のに「萌え」を感じました(≧▽≦)/~~~~博雅は、岡野玲子さんのマンガ・陰陽師の博雅をそのままを実写にした感が自分は好きですけど・・・(ちょっとマヌケ感がありますので)その他、帝や右大臣等の役者さん方もしっかり脇を固めていて見応えのある映画でした。時代考証(?)も自分たちが歴史で習ったような雅な平安朝が再現されていて、衣装も美しかったです。とはいえ、やはり野村萬斎さんあってのこの美しい映画が出来たと言っても過言ではないと思います!2作目もありましたが、ダントツでこちらの作品がお勧めです。

  • 3.00

    野村萬斎さんと真田広之さんの美しさ以外見なくていいよ

    有隣

    だいたい皆さんのおっしゃるとおりです。ストーリーも面白い。野村萬斎さんと真田広之さんの壮絶な色気と美しさも素晴らしい。だのに、伊藤英明とその他の俳優さんの演技と、CG?特撮技術?が酷すぎる。。。(あのハリボテカラスみたいなのなんなの)。野村萬斎さんの美しさだけを楽しむPVだと思って見れば、後は気にせずまあ見れると思います。

  • 5.00

    面白い

    山口 佳世

    真田広之の怪演が流石です。野村萬斎の演技も非常に素晴らしいし、エンディングで少し舞い?みたいなものをするのも素敵でした。全体的に雅な世界観で、恋愛の表現も切なくて美しいです。ただ今井絵理子が出て来てちょっと配役にびっくりだったのと(当時はSPEEDが人気だったから??)伊藤英明のセリフが一部棒読みだったので、その二点が微妙に気になってしまいましたが映画自体は非常に面白かったです。

  • 1.00

    しょうもない

    ハロラン

    スパイ映画にしたいのか、コメディ映画にしたいのか、はっきりした方がいい。子供だましの駄作で時間のムダ。最後まで見るに耐えない。吹き替えも声はいいが、抑揚や声の高さが不自然で、違和感が拭えない。

  • 3.00

    萬斎&英明はよかった

    Taygeta

    16年前の映画だったとは。いやーでもなーCGがなー陰陽師なんだかウルトラマンなんだかわからない感じだった。特撮とセットの安っぽさが、せっかくのいい役者を安っぽくしてたような。蝶の役などなどもなー萬斎を安っぽくさせた感。萬斎と英明はもっと深い演技ができたはずだが、ほかが安っぽいからどうにも作りこめなかったんじゃないか。しかし萬斎はとにかくかっこよかった、萬斎がみれてよかった、動きの1つ1つがかっこいい、狂言みにいきたくなった。

  • 5.00

    アクションシーン

    Amazonカスタマー

    モノクロっぽい夜の映像美とアクションの融合。最後まで飽きることなく観ることができました。

  • 3.00

    昔の映画

    うなうなどんどん

    小道具や動きはチープですが、昔の映画なのでこんなものでしょう。まだ若そうな真田さんの呪文も微妙。こういう昔ながらの作りを好きな方もいらっしゃいますが、自分はあまり好みでない。次回の陰陽師に期待です。

  • 2.00

    真田広之一人で持ってる映画

    走者7195

    伊藤英明の棒読み、本来ものすごく可憐で愛らしい女優が演ずべき役どころになぜか不気味に鎮座する今井絵理子。たしかにちょっと虫感あるけど。もうちょっと全盛期の女優使った方がいいんじゃないかの位置に小泉今日子、評価は高いみたいだけどそんな有難がるほどかなぁ?の野村萬斎。しょぼい特殊効果。昔ドリフで志村けんの肩にとまってたカラスを思い出す邪悪な鳥の動き。理科の教育テレビみたいなシャラーン&キラーン的な古臭い効果音。マトリックスが90年代、スターウォーズが70-80年代と考えれば、この映画のしょぼさに眩暈がする思いです。あとお札とかの字が地味に下手だったりして(笑)

  • 4.00

    雰囲気がいいね

    bunnyShaman

    60年代中頃のイギリスTVといえばBBCかITVの2局で皆んな見ている番組は同じ。スパイ物の一番人気はアヴェンジャーズでMan from U.N.C.L.Eは二番目で人気があった。僕が小学生の時のはなしです。ロバートヴォーンがナポレオンソロでイリアクリアキンはデビッドマッカラム。この映画はキャラクター名を使っただけで設定とか雰囲気は全然ちがいます。そういえば万年筆が通信機でUNCLEペンを皆んな買って使った。英国の小学校は万年筆でしたとにかくリメイクにとらわれず60年代のファッション、車、雰囲気が出ていて最高でした、イタリアというロケもいいですね。個人的にイタリアは子ども好きなのでいい思い出いっぱいです。ヒューグラントがオッサンになって出てるのも見もの。一番は女優さん。マジメな話しドイツ人うけするルックスです。ワイフの親友にそっくり

  • 1.00

    なんでこんな評価高いの??

    とりとん

    辛口ですみません。全然面白くないし、いろいろしょぼすぎる。野村萬斎さんと真田広之さんでどうにかもっている作品。ただし、日本舞踊に興味のある方は、野村萬斎さんの所作、(エンディングの)舞は、一見の価値ありです。というだけの感想しかありません。

お得セット

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

お得セット


バックナンバー

<韓国文化>

  1. ホーム