ニュース カテゴリーメニュー

,

2022/09/23

日本製

  • チョン・ホン 1963年、東京・新宿生まれ。韓国・延世大学校医学部卒。上野にアジアン美容クリニックを開業。帝京大学形成外科、美容外科非常勤講師、アンチエイジング手術を得意とする

  • 世界的に話題の「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」

,

◆「自閉症スペクトラム症」の新米弁護士を描く 鄭 憲さん(アジアン美容クリニック院長)◆

 自閉症スペクトラム症の新米弁護士を主人公にした韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」が、動画配信サービスのネットフリックスで配信され、世界的に人気を博している。社会問題を反映した訴訟を痛快に解決していく姿が描かれている。鄭憲・アジアン美容クリニック院長にドラマ評を寄せてもらった。

 今やエンターテインメントの世界では、一つのジャンルとして確立した韓流コンテンツ。動画配信サービスの拡大に伴い、ドラマ分野でも世界的な評価を受ける作品も登場してきた。記憶に新しいところでは、大ブームを巻き起こした「イカゲーム」は、今年度米国エミー賞6部門での受賞が伝えられたが、そもそも非英語圏のドラマがノミネートされること自体が初である。

 社会現象まで起こした「イカゲーム」のような爆発的なインパクトはないが、この夏に配信され、韓国はもちろん、世界各国で話題のドラマがある。天才的な記憶力と思考力を持つ自閉症スペクトラム症の新米弁護士の成長を描いたヒューマンコメディー「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」だ。

 「自閉症」という言葉はよく耳にしても、「自閉症スペクトラム症」は聞きなれない表現だろう。〝スペクトラム〟とは分光器で光を波長ごとに分解し並べたものを指すが、この場合、色の濃淡がグラデーションで変化していく帯をイメージして欲しい。精神医学で定義する「自閉症スペクトラム症」も症状の軽いものから重い(明確な)ものまで、一連の流れを集合体として捉えた意味として、そこに属する病名である。この枠組みで、さらに個々の患者によって症状の程度、パターン、知的レベルや言語能力などの特徴が異なることを考慮し細かく分類、診断する。


つづきは本紙へ

,
,

日本製

日本製

日本製

日本製

  • 5.00

    おもしろい

    ねこねこ

    ニヤニヤしながら見てしまう。世代がマッチすれば面白いんじゃないかな。

  • 5.00

    いわゆる今期最高アニメというヤツですね?

    おどる

    ぶっちぎりの今期最高アニメだと思う。

  • 5.00

    それにしても“ツンデレ“という概念を主人公が知らない事でこんなに面白い作品になるとは

    ジン☆777

    漫画の方でアニメ化を知った時にこの独特のタッチ、雰囲気を上手いことアニメにできるのか?!!と思いましたが杞憂だったようで、独特なツッコミの“間“なんかも良かったし、何よりおじさんの声がイケボな子安さんなのがとても良いですね!それだけで何だか安心して観てれるというか?!そして、この作品のもう一つのポイントにして重大なポイント?!に “ツンデレ“という概念を知らないオーク顔おじさんと、“男の評価ポイントが日本とは違う?!“異世界のヒロイン陣が出会うことで生まれるギャップラブコメ的な!?ものがあると思うんですが、そちらも申し分なくて良いです☆もちろんツッコんでくれる甥っ子のたかふみと後々登場する藤宮さんの存在は大きいです。そして2話から登場しそうな氷の一族のメイベルも良いヒロインです☆それにしても声優陣も豪華で気合入ってますね(とか言えるほど声優の皆さんを熟知はしてませんが、それでも知ってる人がたくさん)最後まで楽しみです☆追記:ED始まってすぐに止めたり次の話に飛ぶとED後のショートエピソードを見逃すので勿体無いですよ☆…例えば4話とか追追記:4話終わった時点でコロナの影響で放送スケジュールが狂う的な情報が飛び込んできましたね!これにより7話以降の放送スケジュールがどうなるか、みたいな感じの情報を見ましたが…果たしてっ?!どうなる

  • 5.00

    待ちに待ったアニメ化!

    イニチ?

    異世界モノでダントツに好きな作品のアニメ化、視聴中ずっと笑いっぱなしでした。この作品に出てくるキャラは総じて全員可愛いし、おじさんのセガ愛も最高に面白かった。いまのところカットされたシーンは少ないけど随所にでてくるセガの音楽も豊富で「えぇ、これいいのかw」とツッコミを入れざる負えない。オープニングや劇中のBGMにいたるまでセガネタをちりばめた制作陣や監修の原作者様には拍手を送りたい。セガ好きにはぜひ見てもらいたいし、異世界モノが嫌いな人も見て損はないと思う。むしろ昨今のなろう異世界のお約束事を真正面からぶった切るおじさん主人公とツッコミを入れる甥っ子が好きになること請け合いだと思う。

  • 5.00

    とにかく笑える! 年配者のほうが腹を抱えて笑える…気がする。そんなレトロ感満載。

    mmy

    世の植〇人間状態の皆さんが本作のように笑顔で復活というか蘇生してもらえると、本作も心底笑える作品になってくれるのだろうなぁ…と思うのは過剰反応なんでしょうか…そんなことがチラッとよぎりました。でも。終始笑わせてもらえました。悲壮感は皆無です。異世界から復帰の主人公の経験が4σくらいズレているのがとにかく愉快。ズレ具合がいい感じでただただ笑うだけ。よく出来たギャグアニメ!と拍手。笑える作画・展開、そして軽快、かつ嫌味なしの一話。目が離せない作品です!

  • 5.00

    パンツの妖精?よくわからない(*▽`*)けども面白い

    Amasan コスタマー

    面白いけどもよくわからないそういう事ってありますよね例えば歩いてるとパンツ食い込んでくるやつ他のパンツはぜんぜん大丈夫なのにこのパンツだけ歩けば歩くほど食い込んでくるなぜなのか、どういう仕組みで食い込んでくるのかパンツの精霊がわたしの股間に恋をしたのかあるいは魔法か何もわからないけども、なんかちょっとムズムズして気持ちいいそれくらい良くわからないヾ(*∀`*)ノでもすごく面白いです!!!!!

  • 5.00

    とても頑張っていらっしゃる。

    purane

    動きもありキャラの特徴が壊れることも無く、今のところ全体的によくできてます。変な改編も無く見やすく楽しいアニメで基本的には最高とも言ってよいアニメだと思ってます。※以下今のところの個人的なアレ原作を踏まえてのネタバレアリ感想です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー3話、最後、原作にあった刺し盛りを食べる前の「生活は綺麗事じゃないよな」あれはとても大事だったと思う。何故消してしまったのか…あの手の発言がしばしばあったりしてそれを見たくて視聴していると言っても過言ではなかった。「生活は綺麗事じゃないよな」 とおじさんに言わせた後で「収入が入った日少し高いスーパーの刺し盛を食べた。」でよかったと思う。完全に個人的な良し悪しの範疇で、アニメの評価とは違うがやっぱり残念。

  • 4.00

    すごく良かった

    フウ

    色々派手な作品が多い中、シンプルなストーリーながら人間ドラマがあって希望がもててなんとも言えない味がある好きな作品でした。それぞれの登場人物が嫌々ながらも、その時の流れで共同作業をしながら少しづつ関係も変化していくのも良かったし、懸命に頑張る姿、笑顔、マッチョな男性陣も素敵でした!

  • 4.00

    ワイヤー類足りとったんかな?。

    おぐー

    飛行機を補修改造するにあたりワイヤー類足とか改修材料そんなに積み込んであったんかいなと突っ込むところもあり二人で視聴していて後で突っ込みどころ満載でしたが、会話が弾んで見終えたあと話こんでかえって面白かったね。映画は、娯楽で見ていてスッキリした気分にもなれました。冒険心ある映画でよかったですよ。

  • 5.00

    とても良かったです。

    阿川 武

    人間関係の絵描き方が、良かったです。

日本製

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

日本製


バックナンバー

<韓国文化>

  1. ホーム